みちるのマビノギ服生活

リアルの状況によってふさわしいマビ服を着替えることに挑戦してみる!

私の今年の漢字

全然気づかなったけれど、
きのう2018年「今年の漢字」の発表がシェアされました。
っていうか、
きのう会社はピンチだったのに、
ネットを見る暇があるもんか。


「災」でしたね…


あまりよくない字だと思っている人がいるかもしれませんが、
大学院で古典の中日翻訳の仕事をやっていたとき、
「人間はド忘れっぽいなのだから、
『災』がなければ、
『幸』を忘れてしまう」と、
研究担当者の先生がおっしゃいました。


それはね…
同感でした!


なぜかというと、
人間はほとんど歴史から勉強せず、
ずっと同じ罪を繰り返しているからです。


だから、
適当な災難があれば、
人間を冷静にさせる効果が出ると信じています。


少し個人的な話をしますと、
うちの「今年の漢字」はたぶん「帰」でしょう。


まず、
4月からの赤字で、
会社は2つの店から1つに戻りました。


もともと投資していたものもうまくいけなかったため、
あきらめるしかなかったです。
清算すると、損も利益も出なくて済ませました。


ピアノの練習についてはですね…
先生を変えようと思っていたのですが、
結局最初教えてもらった先生のところに戻りました。


そして一番大事なのは、
マビの復帰です。


つまり、
今年はいろいろと元の状態に戻ったのです。


しかし、
うちの今年の漢字は「戻る」の「戻」ではなく、
「帰る」の「帰」です。


もし英語で説明するとたぶんわかってくれるでしょう。


まず、
帰(繁体字は歸)は英語で
「surname Gui, to return, to go back to, to give back to, (of a responsibility)​ to be taken care of by, to belong to, to gather together, (used between two identical verbs)​ despite, to marry (of a woman)​ (old)​, division on the abacus with a one-digit divisor」
という意味なのですが、


戻(異体字は戾)は
「to bend, to violate, to go against, ruthless and tyrannical」
という意味です。


漢字は中国語の繁体字から変化されてきたものなので、
もし中国語の意味を調べれば、
「帰る」のほうがうちの状況により合います。


そして漢字といえば、
やはり伝統的なものが好きですね!
今日はですね…
少し手抜きして…
これにしましょうwww

ま~た!
昨日予約がかぶった後、
今日は服がかぶっていますwww



実は10月25日の記事にこのセットを着ましたが、
今日は本当に選べなくて、
またこのセットにしました><


でもねでもね!
装備が違いますw
今日は原罪のスタッフです!


あした忘年会に行くので、
あらかじめ記事を書くか、夜遅く帰ってから書くか、
まだ決めていません><
運命に任せましょうw

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。