みちるのマビノギ服生活

リアルの状況によってふさわしいマビ服を着替えることに挑戦してみる!

伏見稻荷大社はいいね!

おととい生徒たちは京都旅行から帰って、
昨日いろいろ話しました。


京都にはいろいろなスポットがあるけれど、
彼らはただ伏見稻荷大社の千本鳥居や山登りの話をしました。
気に入ったみたいですね!


稲荷神といえば、
その神使(しんし)は宝珠をいただく白狐(びゃっこ)ですね~


「神道では神使、仏教的には眷属(親族)とも、あるいは乗り物ともされる。
彼らはつねに神につき従い、
神の手足となって人の祈願や守護を直接的に実行する存在であるという。
その多くが獣の姿をしていることから『神獣』と呼ばれることもある。」
(三橋健先生が監修された本、「詳解 神道と日本の神々」より)


狐といえば、
マビに妖狐の着物がありますね!
だから、今日のマビテーマは「偽キツネ」ですw

(前)

(エモーション)モフモフ~~~

(後ろ)尻尾かわいい>w<ピーネ様もかわいい★


髪飾り:クェーサルの心臓のかつら(女性用)
服:千年物の妖狐の着物(女性用)
腕:妖狐の手鈴(女性用)
靴:サキュバス戦隊ブーツ (女性用)
ミニドール:ピーネミニドール

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。